院長紹介

医療法人社団 行徳会 あやクリニック志木
内科・神経内科
院長 宝意 幸治(ほうい こうじ)

〈経歴〉 
1983年 東京慈恵会医科大学卒業
1983年 鳥取大学医学部付属病院研修医
1985年 東京慈恵会医科大学内科医師
1987年 日本神経学会神経内科専門医 
1995年 総合川崎臨港病院内科・神経内科
2004年 日本内科学会認定医

院長ごあいさつ


当クリニックでは私の専門である神経内科と、一般内科と訪問診療を行っております。
地域の皆様のつらい、痛い、苦しい、体調不良、倦怠感などの症状を少しでも改善できるような診療を行いたいと考えております。
 
神経内科という言葉はあまり聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、頭痛やめまい、しびれ、神経痛、体の自由が利かない(パーキンソン病)、物忘れ(認知症)、脳卒中、など様々です。
その中でも認知症については早期発見することで進行を抑えることができること、また糖尿病や高血圧症の予防や治療をすることで認知症へのリスクが抑えることがわかってきました。

当院では、物忘れ外来で認知症の予防・治療に積極的に取り組んでおります。
最近ちょっと物忘れが多くなってきたと感じる方や生活習慣病が気になる方などどうぞお気軽にご相談ください。

パーキンソン病等の神経難病の方は、訪問診療も行っておりますのでご相談下さい。

 どのような小さいことでも、安心してご相談していただけるクリニックをスタッフ一同築きあげたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

あやクリニック志木
      院長 宝意 幸治